スマホ・アナログ・レトロ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!

シンソウノイズ 〜受信探偵の事件簿〜

シンソウノイズ 〜受信探偵の事件簿〜
dramatic create
PS4 
発売日:2019年02月28日
価格:6,793円

◆「シンソウノイズ」について
DMM GAMESによって実現した2大PCゲームメーカー、ライアーソフト×シルキーズプラスのコラボ作品、
青春推理サスペンスADV『シンソウノイズ 〜受信探偵の事件簿〜』がPlayStation4に登場!
学園が舞台となる青春ストーリーに、本格的な推理&ミステリー要素が融合した読み応えのある作品をPlayStation4の高解像度グラフィックで楽しめます。

・青春モノ+重厚なサスペンス
シナリオはライアーソフトのスタッフが担当。
学園が舞台の青春ストーリーに、重厚なサスペンス、本格的な推理・ミステリー要素を融合した、読み応えのある作品に仕上がっています。

・精鋭スタッフによる美麗なグラフィック
キャラクター原案・原画ははましま薫夫氏、グラフィック彩色・背景はシルキーズプラスが担当。
高クオリティなグラフィックが作品世界を彩ります。

・心の声が手掛かりとなる推理システム
ゲーム中で発生する事件は、提示される手がかりを元にプレイヤー自身が推理し解き明かすことで、謎解きの快感が得られます。

・魅力あふれるキャラクター
主人公と仲間たちは、個性豊かで魅力的なキャラクターばかり。
和気あいあいとにぎやかに、そして時にはシリアスに、キャラクターたちの織りなす青春ストーリーが描かれます。


◆PlayStation4版の特徴
PlayStation4の高解像度画面に対応!
より美麗なグラフィックで作品をお楽しみいただけます。

■ストーリー
大都会近郊のベッドタウンである静乃宮(しずのみや)。
都市側はそれなりに拓けており都会的なランドマークが多く、海側には豊かな自然が残っている。
この町の中央にある「静乃宮学園」では、スポーツ系の部員たちは近隣の大公園をランニングに使い、
帰宅部の面々は都会方面に繰り出して年齢相応の遊びを楽しむ、そんな放課後を送っている。

今年の春「静乃宮学園」に入学した橘一真(たちばな・かずま)は、他人の心象を受信する能力を持っていた。
他人の心が分かるといえば便利そうだが、「実際はどの意識が誰のものかわからない」
「対象が複数いると入り混じって受信する」という中途半端なもの。
生まれながらの能力ではあるが、完全に制御できるものではなく、
否応なしになだれこんでくる人々の意志に振り回されることもしばしば。
それでも日々制御する訓練を重ねつつ、なんとか人並みの学園生活を送っている。

「静乃宮学園」では、1年を通じて様々な行事を共にこなしていくグループ「行動班」を組む教育方針をとっている。
「気持ちのいいメンバーと楽しい1年を過ごしたい」という生徒たちの思いをよそに、メンバーは無慈悲にもくじ引きで決まる。

人付き合いの苦手な一真の元に集まったのは個性の塊の様なメンバーだった。
無口でクールな雪本さくら
天然でポケポケしている桃園萌花
快活で運動神経抜群の風間夏希
自称霊感少女の黒月沙彩
演劇部に所属する美女大鳥百合子
運動はできるが頭が弱い北上陽一
モテる事しか考えていない高永瞬太

8人はまとまることもなく、ただ同じ「行動班」であるという事で最小限の付き合いをしつつも行動を共にする。
そんな中、女子更衣室からの盗難事件が発生する。
これは、後に「受信探偵」と称される様になる、橘一真のはじまりの事件であった…。



◆ ゲームシステム

▼心の声システム
主人公は他人の心象を受信する能力の持ち主です。
様々な人の心の声を聴く事で、登場人物が普段表に出さない本心を知ることができ、事件の解決につながるワードを拾えることもあります。

▼推理パート
事件の解決には推理パートの攻略が不可欠です。
現場の見取り図や、それまでに聞いた会話、心の声などを手掛かりに、様々な謎を解き明かし、事件を解決に導きましょう。



©DMM GAMES/dramatic create
 メニュー