スマホやアナログゲームの動画や攻略情報を毎日掲載中!
TOPゲーム動画ゲードラ特集

『発掘Youtuber』「アサシンクリード」シリーズ全制覇を目指し、実況開始した「あの方」!

2016-04-21 17:05:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
「発掘Youtuber」のコーナーではゲードラ編集部が面白いと思ったゲーム実況者さんをピックアップしてご紹介!


今回ご紹介する実況者さんは「ナルティメットストーム」シリーズや「ヘブンXインフェルノ」などを実況している

なっきー といふ者。さん!

今回ご紹介する動画は、「アサシンクリード1実況」。かなり前のタイトルにはなるものの、これにはしっかり理由がある。

2016年秋に発売が予定されていた「アサシンクリード」最新作が見送られたことで、なっきーさんは2017年に発売されるのでは?と予想。それではこれを機に「アサシンクリード」全シリーズ制覇を目指し実況していこうではないか、ということで2016年4月15日より初代「アサシンクリード」の実況が開始された。

紹介動画


# 1【アサシンクリード1実況‼︎】暗殺、全てはここから始まった。
【2017年 秋 新作発売(?)までに据置全シリーズ制覇!】
 

「アサシンクリード」最大の特徴となっている暗殺アクション!

ターゲットの確認後、人目を避けながら近づき手首に仕込んだブレードで一瞬のうちに暗殺。

暗殺後は身を隠すため街の塀や屋根づたいに素早く移動し、群衆に紛れて逃げ切る。といった一連の暗殺アクションが非常に魅力的な仕上がりになっている。
 

「アサシンクリード」において、記憶は全て個人の記憶に限らず、先祖の人生をも記憶しているとのこと。その遺伝子記憶を引き出せるのがアニムスという三次元プロジェクター。

これを使って過去の記憶をさかのぼりアサシンとして生きていた頃の特定の記憶を引き出すことが目的となる。
 


最初の記憶では、アサシンのアルタイルが教団の教えに背き三カ条の掟を破る場面。

今回の目的は暗殺でなくテンプル騎士団の秘宝を持ち帰ること。しかし、アルタイルは教団最大の敵テンプル騎士団を目の前にし、標的を変更。仲間の制止を聞かず真正面から標的と対峙することに...

アサシンの掟
1つ、罪なき者を傷付けるべからず
2つ、常に思慮深くあれ
3つ、兄弟の身を危うくすることなかれ

 



敵の大将にあっさり返り討ちにされ、仲間を残したまま教団に帰るアルタイル。秘宝も持ち帰れず、騎士団長も討ち逃し何の収穫もなく戻ったアルタイルに大導師は叱責、信用を完全に失ってしまう。

その後十字軍から村を襲撃される。ここから戦闘パートとなる。
 




そしてイーグル・ダイブ。高台から飛び降りるという高度な技となる。あまりにも高い位置からの飛び降りとなるので、なっきーさんもこのアクションは苦手な様子。○ひゅん注意。


なっきーさんは既にプレイ済みかつ、開発話を盛り込みながらゲームを進めてくれる。壁を登るモーションは開発時、実際に人が登る姿から作成(モーションキャプチャ)していて、身体の使い方が非常にリアルで滑らか。
 

そして、アルタイルは掟を破ったことにより罰を受けることに。

パート1はこれで終了となる。

記憶をさかのぼるアニムスは長時間使用し続けると人体に負担をかけ、後遺症があらわれるようだ。記憶をさかのぼる理由やアニムスによる影響などは今後明らかになるようだ。

なっきーさんの動画更新頻度はかなり高くほぼ毎日あげる予定とのこと。「ナルティメットストーム」も1~4までプレイしていて、その4も最終局面を迎えている!

更新状況などはチャンネル登録、Twitterフォローからチェックしよう。

■紹介実況者
・なっきーといふ者。さんの公式チャンネルはこちらから!
・なっきーといふ者。さんの公式Twitter(@nakkygames)はこちらから!

■紹介ゲーム
・『アサシンクリード』公式サイトはこちらから!

お知らせ

我こそはと思うゲーム実況者は是非ご連絡ください。ご応募いただいた中から、編集部イチオシの動画をゲードラ内でご紹介させて頂きます!

お問い合わせ先
gamedrive@c4on.jp

編集部コメント

今回ご紹介した「なっきー」さん!他にも「スターオーシャン5」や「ヘブンXインフェルノ」などトライエース作品の実況動画もあげています。かなりゲームに詳しく説明も分かりやすいので見やすいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : サンドバッグ森口
ゲームは全般的にプレイするものの腕前が好奇心に追いついていない。人に騙されやすく壺とかすぐ買う。直近...
ゲードラ特集
iOS  Android  PC  家庭用