スマホやアナログゲームの動画や攻略情報を毎日掲載中!
TOPゲーム動画ドレッドノート

『ドレッドノート』公式動画「Burst ON」~最終回~ 公認店舗ショップ大会やドレノ公式大会! 【動画】

2016-07-08 19:00:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
KADOKAWAより販売されている本格TCG『ドレッドノート』(以下、ドレノ)!その『ドレノ』の公式動画「Burst ON」をYoutube上で配信開始です!この動画ではゲームドライブ編集部フェニックス下山(以下、不死鳥)&サクライダーが『ドレノ』の魅力をたっぷりお届けする新コーナーとなり、今回が最終回となります。
 
目次

公式動画

番組概要


 
最終回はまたまた剱持Pをお呼びしてお送り!前回ゲードラ編集部のサクライダーが不死鳥を破ったことで、もっと対戦相手の幅を広げたいと話を持ち出した。どうやら高みを目指したいようだ!

ということで今回は、剱持Pがドレノの大会イベント情報やドレノ仲間の輪の広げ方などをお伝え!ガチで楽しむための情報満載なので初心者の方や大会参加を考えている方必見!

 

ドレノ公式イベント

■公認店舗ショップ大会


剱持Pによると、『ドレノ』公認店舗ショップ大会は週に1,2回開催されていて、腕試し・村の道場のような感覚で参加できるとのこと!開催地域・場所やスケジュールなどの詳細は公式ホームページに記載されているので気になる方はチェック!

ただ、それだけでは足りない!もっと戦いたいという方に下記大会情報をお届け!

■Dreadnought Festa(ドレノフェスタ)


『ドレノ』公式大会の1つとなるドレノフェスタはチーム戦で行われる。 例えば同キャスターを2枚使うことは禁止などのルールが設けられている。

1人が負けても他2人が勝てば勝ち上がれるチーム戦ならではの勝ち上がり法もあったりと、チーム作りやチーム内のコミュニケーションを通してドレノ仲間の輪も広がるぞ!

チーム戦の参加を考えている方で、もっとドレノ仲間を作りたいという方!公式ホームページでLINE・Skypeといったコミュニケーションツールが用意されていて地方ごとに分かれてたりするので、気軽に仲間を募ったり談笑したりできるのでぜひ活用してみよう!

■Championship(チャンピオンシップ)


また、更に上を目指したいという方向けの大会も開催されている。見事結果を出した暁には、【名誉】と【賞金】を手にすることができる大会、「チャンピオンシップ」「グランドチャンピオンシップ」!

チャンピオンシップは東京/名古屋/大阪で1回ずつ個人戦で行われる大会となる。この熾烈な戦いを勝ち上がった選ばれし上位者は、グランドチャンピオンシップの挑戦権も獲得できるぞ!

■Grand Championship(グランドチャンピオンシップ)


この大会は半年の最強が決定され、優勝者には賞金50万円、準優勝者には30万円が贈呈される。今年は9月末頃の開催予定とのこと!

今年はチャンピオンシップが年6回、グランドチャンピオンシップが年2回の開催となり、チャンスは去年の2倍となっている!

グランドチャンピオンシップの出場権はドレノフェスタの優勝チームもそれぞれ挑戦権を獲得できる!また、公認店舗ショップ大会のグレードアップ版でも優勝することでグランドチャンピオンシップ挑戦権を得られるぞ!

大会の規模もチャンスも去年以上のものとなるので、片っ端から挑み尽くそう!
※賞金は優勝者、準優勝者以外にも設けられています。


剱持Pいわく、「ガチ向けTCG」と言われている『ドレノ』だが「ガチ」の意味合いは人それぞれで変わってくる。賞金50万円を勝ち取りたい、身近な友達に勝ちたい、など人それぞれの【ガチ】がある。それらを見つけて『ドレノ』を楽しんでもらえれば。とのこと!

本記事では大会情報をざっくりお届けしたが、動画内で大会の特徴や雰囲気などもお伝えしているので確認しよう!
 

▲誰よりもやり込んでいる剱持Pの言葉に疑いの余地なし!ユーザーに向けたメッセージもあるのでぜひ動画でチェックしよう!
 

編集部コメント

今回で最終回となるドレノ公式動画「Burst ON」、いかがでしたでしょうか!今回の動画を通して初めて知りましたが、ドレノ仲間のコミュニケーションツールをドレノ側で用意してくれているんですね!サポートをしっかりしてくれているので、基本的に困ったことがあったら公式ページで解決できそうです!

後、剱持Pの「ガチ」メッセージ。かなり痺れるものがありました。各々の「ガチ」で今後もドレノを楽しんでいきましょう!

最後に、公式動画を通して活躍してくれた"緑"のスターターパックをご紹介!対応力の高い"刻印"を使用できる唯一の新色となるので高みを目指したい方はぜひ!
 

▲スターターデッキ「刻印の槍」
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : サンドバッグ森口
ゲームは全般的にプレイするものの腕前が好奇心に追いついていない。人に騙されやすく壺とかすぐ買う。直近...
ドレッドノート
KADOKAWA
アナログ  アナログゲーム