スマホやアナログゲームの動画や攻略情報を毎日掲載中!
TOPニュース闘会議2016

『闘会議2016』HALL5を徹底レポート!~マイクラ運動会やリアルサッカーゲームと遊び場満載!~

2016-01-30 21:29:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲームドライブとゲームオーシャン編集部が2016年1月30~31日に幕張メッセにて開催された『闘会議2016』を徹底レポート!
この記事ではHALL5の様子を中心にご紹介しよう!

 

HALL5の前情報で特に注目すべき区画はマップ上部の「MINE CRAFT ~俺たちの運動会~」と「リアルサッカーゲーム」!マップ上部から下に見ていこう!
 

MINE CRAFT~俺たちの運動会~


「MINE CRAFT ~俺たちの運動会~」では、世界的人気ゲーム「マイクラ」のマルチプレイ機能を使って赤組、白組に分かれて多人数vs多人数で競技を繰り広げるものとなっている!競技種目は下記となる。

【体験できる競技】
・ゾンビラグビー
・逃げまくれ!!マイクラ鬼ごっこin俺たちの新国立競技場
・ゾンビゴルフ-闘会議ゾンビートーナメント-
・ぷち Minecraft Japan 攻防戦 Flag Tournament in 闘会議

今回見てきたのは「ゾンビラグビー」!ルールは多人数vsゾンビとなり、ゾンビを敵陣に押しやって得点を競うものとなる!

 

▲舞台となる競技場は、大勢のユーザーが協力して作った「俺たちの国立競技場」をリアルに再現している!

 

▲ゾンビを敵陣に押しやろうと、参加者は必死に攻撃!それに負けじとゾンビらも喰らいついてくる一進一退の熱い攻防!プレイヤーは新しいマイクラのプレイ法に、大いに楽しんでいる様子が見られた!
 

リアルサッカーゲーム

「リアルサッカーゲーム」ではPS4、3、PCでリリースされている「ウイニングイレブン2016」を11vs11でプレイするという人数部分がれっきとしたリアルサッカーなイベントとなっていた!

実際に見に行ってみると、いよいよ試合が始まる時間になっても全く22人の選手らの姿が無い。「トラブルでもあったか」というコメント等で会場が不穏なざわめきが起きた…

そのとき!!!

 

この姿はブラジルの至宝、ネイマール!?そしてアルゼンチンの至宝、マラドーナ選手!?

…そんなはずはなかったものの、2人を先頭に入場した選手らに会場は大いに沸いた!

 

▲バックネームをよく見るとネイボール、別人だった。ちなみに解説は元日本代表秋田氏。こちらは本物。

 
▲青チームvs黄チーム!


▲選手らは得点シーンで仲間とハグ…とまではいかないものの、拍手で喜びを分かち合っていた!そして、観客席&応援グッズが用意されていて見る側も楽しめる作りに!

 

VRラジコン戦車バトル


「VRラジコン戦車バトル」は、「日本最大級の広さ」のフィールドが用意されたVRラジコン戦車バトル!1/24ラジコン戦車に「VR技術」を組合せ、戦車目線での迫力ある操縦が可能とのこと!

実際見てみるとやはりVR!長蛇の列でプレイの待ち時間100分と大盛況となっていた。

 

 
▲広大なフィールド!建物が死角となり敵の位置を正確に把握することが求められる!


▲ラジコン戦車を操り闘う姿をフィールド上、スクリーン上で見て楽しむことも出来るぞ!


▲実際のコントローラー、戦車の陳列もされている!
 

まるなげひろば


「まるなげひろば」は企画・運営・準備すべてをユーザーに丸投げしたエリアとなっていて、様々なブースが並んでいた。二次作品グッズが陳列されていたり、昔なつかしファミコンカセットの試遊、販売、本格的なブラックジャック体験コーナー、などなど様々なブースが設けられていてごちゃ混ぜになっている!まさに丸投げ!
 

▲ちょっとした戦場を体感できる自宅警備隊N.E.E.Tの区画はひと際目立っていた!赤外線銃で「NEET」を社会復帰させよ!

 
▲いろんな作品のペーパークラフトや、どんな作品のキャラもバルーンアートで作り出すブースなど様々!
 

デジゲー博


「デジゲー博」はインディーズゲームや個人が製作した同人ゲームを展示・販売する、ゲームショップには並んでいないレアなゲームが盛りだくさんなブースとなっている!

▲「たまうさジャンプ!」などのスマホゲームが並んでいて試遊プレイもできたりグッズなどを貰えたりもするぞ!

自作ゲームエリア


「自作ゲームエリア」では、ゲーム会社を介さず己の力で作り上げたゲームなど、見たこともないようなハードでプレイするゲームが多数用意されているこのエリア。往年の名作から今遊ばれている自作ゲームまで、歴史を約15mの大年表にまとめられたものも展示されている!
 

▲堀井雄二氏がエニックス主催のコンテストで出展した自作ゲーム。ちなみに1982年作。ちなみに私は生まれていない。


▲見たこともないハード。ゲーム性はいかに…?


▲もちろん最近作られた作品もあり、全てプレイ可能となっているのでとにかくいろんなゲームに触れたい方はぜひ!


▲4人でプレイできる死にゲーも!

 

物販~遊者の道具屋~


「物販コーナー」では主にスマホゲームタイトルのグッズが販売されていた!ニコニコ闘会議2016のオリジナルグッズも販売されていたぞ!ただし、人気のあるグッズ類は早期に行かないと売り切れになっていたりするので、予めチェックしておこう!
 

・各種グッズについてはこちらから!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : サンドバッグ森口
ゲームは全般的にプレイするものの腕前が好奇心に追いついていない。人に騙されやすく壺とかすぐ買う。直近...
闘会議2016
EVENT