スマホ・アナログ・レトロ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!
TOPニュースTGS2016

『TGS2016』会場限定の映像は絶対に見逃せない『龍が如く6 命の詩。』をはじめ、注目タイトル勢ぞろいのセガゲームスブース

2016-09-17 13:46:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
TGS2016、セガゲームスのブースでは『龍が如く6 命の詩。』、『蒼き革命のヴァルキュリア』、そしてTGS2016開幕の9月15日に同日発売された『ペルソナ5』など多数の注目タイトルを出展。Xbox One/PS4/PCで発売予定の『タイタンフォール2』の試遊台も用意されており、洋ゲーファンにも見逃せない一角となっている。
 
 
魅力的なタイトルばかり並ぶセガブースだが、今回は『龍が如く6 命の詩。』の試遊を行ってきた。試遊前には特設シアターにて会場限定映像が上映されたのだが、これが見ごたえたっぷり。本作は広島・尾道が舞台となること、タイトルに「。」がついているのは桐生一馬を主役とするシリーズはこれが最後となることなどがすでに発表されているが、その背景にある濃いめのストーリーが会場限定映像でしっかりと説明されるので、シリーズファンには見逃せない内容だ。ちなみに、特設シアター内は席の位置によっては空調がきつめにあたってけっこう寒いので、寒がりな方は対策に上着などを持参したほうがよい。

限定映像を見終わるといよいよ試遊台へと案内される。体験できるのは広島の尾道仁涯町でストーリーの一部か、東京・神室町を歩くフリーアドベンチャーの2種類用意されている。ただし、プレイできるのはどちらか1つだけで、TGS2016初出しの内容を含むのは尾道仁涯町バージョンだ。事前にどちらをプレイするか決めておくことをおすすめする。
 
 

筆者が今回選んだの尾道バージョン。突然失踪した澤村遥の手がかりを求め、幼いハルトを腕に街を歩きまわると、謎多き美女にしてスナック「清美」のママ・笠原清美との遭遇。彼女に惚れ込む南雲剛と1対1のバトル、さらには道を歩いてるだけで絡んだきた若者との集団バトルなど様々なイベントを体験できる。
街角でのイベントシーンから画面を切り替えることなく始まる、シームレスなバトルは「フルコンタクトの本格的バトルの再現を目指した」と事前に説明されるだけあって、なかなかの迫力だ。音や派手なエフェクトだけで戦闘シーンを表現するのではなく、攻撃するたびに“肉を打つ重み”がプレイヤーにきちんと伝わってくる。格闘技の経験があるプレイヤーはぜひ、そのあたりも注目していただきたい。
 
 

試遊台の裏手には「龍が如く」シリーズのもう一つの見どころにして華、キャバクラ嬢フォトスポットもありドレスを身にまとったお姉さまがたも撮影できるので、ブースをあますことなく見ていってほしい。

ライター:アソウ
このエントリーをはてなブックマークに追加
TGS2016
Nikkei Business Publications, Inc.
iOS  Android  EVENT  その他 

関連記事

オススメゲーム

人気記事ランキング

編集部イチオシ

編集部が厳選したニュースをご覧のブラウザにお知らせいたします。

 メニュー