スマホ・アナログ・レトロ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!
TOPゲーム紹介PlayStation®VR

『PSVR』「徹底解説!PSVR」を公式ブログで公開!PSVRの仕様をQ&Aで詳しく解説!

2016-10-06 15:34:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
PlayStation®VR(以下、PSVR)の発売まで丁度1週間と、発売間近に迫ってきた! SONY公式サイト上で展開される「PlayStation®.Blog」では、PSVRの仕様から遊び方までをQ&A形式で徹底解説したページが更新された!
 

ブログでは、PSVRの映像のレイテンシー(遅延時間)や、プレイする際の必要スペース、PSVR使用時間の目安など、購入を予定している方だけでなく、VRに関心がある方全般にタメになる情報がふんだんに詰まった内容となっている。その例として一部抜粋していこう。

■PSVRブログはこちらから!
■最低限の必要機材の購入を考えている方はこちらから!
■オンライン/店舗購入場所はこちらから!
 

ハードウェアおよび仕様

Q: PS VRはどのような仕組みでVR体験を可能にしていますか?
PS VRでは、PS4®が生成するVR映像を、VRヘッドセットのディスプレイに表示します。
VRヘッドセットには加速度センサー、ジャイロセンサーを内蔵し、頭部の動きを把握しています。さらに、VRヘッドセットの表面に9つのLEDライトを搭載し、ライトの位置情報をPS Cameraが取得することで頭部の位置まで正確に認識します。この動きや位置情報に合わせ、3D映像やオーディオがリアルタイムに変化することで、プレイヤーがまるでゲームの世界に入り込んだかのような圧倒的な臨場感を生み出しています。
また、VRヘッドセットと同様に、DUALSHOCK®4のライトバー、PS Moveのスフィアの位置や動きもPS Cameraで捉えます。手の動き、手首のひねりなども認識し、細やかな動きを映像で再現することができます。

Q: PS VRの映像のレイテンシー(遅延時間)はどのぐらいですか?
PS VRのレイテンシー(プレイヤーの頭部が動き、その動きが反映された映像が目に届くまでの遅延時間)は18ms(0.018秒)以下となっています。快適かつ臨場感溢れるVR体験を実現するには、レイテンシーの低さは非常に重要で、最近の研究によると、レイテンシーが20ms以下になれば、現実と仮想現実の違いが分からなくなると言われています。
 

健康面と安全面

Q: PS VRの画面は目にとても近い位置にあるのですが、長期間の使用で近視になる恐れはありますか?
いいえ。PS VRが映し出す映像の焦点距離は、約2、3メートル先になっています。これは、60インチのTVを見る際の最適な距離と同じです。繰り返しになりますが、他の表示デバイスを見る時同様に、PS VR使用時には1時間毎に15分の休憩を取ることを推奨しています。

Q: プレイする際はどれくらいのスペースが必要になりますか?
PS VRを快適に遊ぶための推奨スペースは、プレイヤーがPS Camera / TVを向いて、約1.5m離れたところに座った状態で、合計で縦3m x 横1.9mです。しかし、それより小さなスペースでもプレイすることはできます。VR体験の妨げになるため、壁、家具、物体が周りにないようにしてプレイしてください。

ゲーム以外の楽しみ方

Q: ゲーム以外のVR体験もできますか?
はい。ゲーム以外のVRコンテンツも数多く準備されています。映画の登場人物の目線でゴジラの迫力を味わえる「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation®VR」や、人気アーティストL'Arc-en-Cielが「バイオハザード」とのコラボレーションで作り出すまったく新しいVRミュージックビデオ「Don't be Afraid -Biohazard® × L'Arc-en-Ciel on PlayStation®VR-」、北極圏のオーロラを360度映像で体感することが出来る「NORTHERN LIGHTS -極北の夜空に輝く光の物語-」など、多彩なVRコンテンツを用意しています。
 

調整機能と周辺機器

Q: "3Dオーディオ"とは何ですか?
3Dオーディオは、現実世界の音をリアルに再現するために、様々な方向や距離から耳に入ってくる音をシミュレーションして音声を出力します。これにより、従来の7.1サラウンドサウンドなどに比べ、VR内での没入感が格段に増します。

Q: 3Dオーディオを体験するには新しいヘッドホンが必要になりますか?
いいえ。3Dオーディオは差込型のステレオヘッドホンまたはイヤホンに対応しています。PS VRにステレオヘッドホンが同梱されてはいますが、スタンダードな3.5mmコネクターのものであれば、お好きなイヤホン/ヘッドホンを使用することができます。
 

一部抜粋してみたがいかがだっただろう。上記はほんの一部で、ブログでは聞き慣れない用語もイメージしやすく解説してくれているので、ブログ内で完結できる。いざ買う際に役立つブログとなのでぜひチェックしておこう!

■PSVRブログはこちらから!
■最低限の必要機材の購入を考えている方はこちらから!
■オンライン/店舗購入場所はこちらから!
©2016 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : サンドバッグ森口
ゲームは全般的にプレイするものの腕前が好奇心に追いついていない。人に騙されやすく壺とかすぐ買う。直近...
PlayStation®VR
Sony Interactive Entertainment Inc.
家庭用  その他 

関連記事

オススメゲーム

人気記事ランキング

編集部イチオシ

編集部が厳選したニュースをご覧のブラウザにお知らせいたします。

 メニュー