スマホ・アナログ・レトロ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!
TOPニュースリアル脱出ゲーム

1万枚のチケットが完売した、リアル脱出ゲーム×BIOHAZARD「ある廃病院からの脱出」元総合病院にて再演!【取材】

2016-12-19 20:00:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
さまざまな“リアル脱出ゲーム”を提供するSCRAPは、2016年12月9日(金)よりカプコンの『バイオハザード』とコラボしたリアル脱出ゲーム「ある廃病院からの脱出」のリバイバル公演を開始しました!
 
実際に使われていた総合病院を舞台にしたリアル脱出ゲーム「ある廃病院からの脱出」。今回の題材から見て取れるように、恐怖と謎解きが融合したリアル脱出ゲームです。
 
本公演に先駆け、12月8日にメディア先行の体験会が開催されました! リアル脱出ゲーム好きなゲームドライブ編集部が取材に行ってきましたので、お伝えできるギリギリの範囲でリアル脱出ゲーム×BIOHAZARD「ある廃病院からの脱出」の様子をお伝えします。

また、ゲームドライブでは本公演を制作したSCRAPのディレクター吉村さおり氏へ独占インタビューを行いましたので、後日そのレポートをお伝えします。ご期待ください。

「ある廃病院からの脱出」概要

会場となるのは「後楽園ヒミツキチオブスクラップ」。実際に以前営業していた総合病院を、リアル脱出ゲームの常設会場として利用した施設です。
 

筆者はリアル脱出ゲーム初心者。リアル脱出ゲーム×バイオハザードということもあり、難易度も高いだろうと考え、助っ人を2人引き連れて参戦しました。

~ストーリー~
会場は数年前に突然閉鎖された病院。

会場へ付くとココは既に異様な雰囲気でした。受付の人たちもすべて白衣を着ており、中は研究施設のようです。

案内されたテーブルについて、開始を待っていると突然ゲームの説明が始まります!もっとなだらかにゲームに入っていくというか、前置きみたいなものがあって始まるのかな?と思っていた自分は甘いと言わざるを得ません。

開始時点ではもう、自分たちは後戻りできない状態であることが告げられます。
「僕たちは既に感染している……!」

なんと、60分以内にウィルスを除去し、脱出しないといけない状態だということがわかりました……!!!


なんだってー!!


廃病院を舞台に繰り広げられる異常な脱出劇。あなたはこの病院から、脱出することが出来るでしょうか?

……というバイオハザードとコラボしているだけあって、なんとも恐ろしい内容のリアル脱出ゲームになっています。

会場の様子

実際の廃病院を使っているだけあって、なんともリアルな会場です。会場の壁や備品の細かい汚れや○○の血だまりなど、内装のこだわりが見受けられます。2012年の公演の再演ということで、前回以上にバイオハザードの世界に迷いこんでしまったのではないかと思うくらいの凝りようです。中は薄暗く、謎解きよりもバイオ原作のようにゾンビが物陰などからでてくるのではないかと恐怖が先にきてしまいますが、この会場でリアルな“脱出”をしなければなりません。
 
※脱出というゲームの性質上、可能な範囲での情報公開となります。

▲ある部屋に入るとCAUTIONと書かれたBoxや……。

▲使用禁止テープの張り付けられた戸棚。

▲さらに進むと人影らしき姿も……。
 
 

▲人体模型の図や……。
 

▲またさらに進むと拘束室……。

▲ある部屋では医療廃棄物が積み上げられます……。
 
 

▲また、部屋の一部には暗号らしきものが。「1/3 Wニヨメ」とはいったい…。
 
今回、リアル脱出ゲームの経験があるベテランプレイヤーのミツヅノと、ほぼ一般プレイヤーのサンドバッグ森口を連れてきました。自分は取材メインでプレイの感触は2人に任せようかなーと。
 
……と、余裕をもって恐怖を楽しんでいたら、自分に重要な役割が!!! 時間制限もあり、あと自分はどのくらい生きていられるのか……。会場のカウントダウンにも怯えつつ必死に謎を解きつづけます。

チームワークもかなり重要で、6人構成のうち3人はゲームドライブメンバー、もう3人は制服の女の子!2人とイケメンのお兄さんと同じチームになりました。一緒のチームになった女の子たちとも相談し合いつつ、最初はリアル脱出ゲームに慣れていなかったイケメンお兄さんも最後はガッツリ謎を解き、一致団結して謎に迫ることができました。

ある人は謎を解く、そしてある人はヒントを探しに行く。そしてもう一人のサンドバッグ森口は怯えている。。。


また、ゲーム開始の前にベテラン勢のミツヅノに話を聞いたところ、「冒頭のゲーム開始時のムービーや、説明には重要なキーワードが隠されている可能性もある」と言っていたので、最初から、もっと言えば会場に着いた直後から五感を研ぎ澄ませて注意深く周囲を観察していく必要があるようです。(もっと早く言ってよ...)

ちなみに、ゲームの冒頭で脱出条件とともに、「お約束事」としていくつか注意事項の説明がされますが、会場は相当暗いので急いで、しかし押し合ったりせず注意深く行動しなくてはいけません。 参加するならぜひスニーカーなどの動きやすい足下で参加できるといいですね。
  バイオハザードにちなんだ小ネタは会場にいくつも散りばめられています。今回取材に行った際にグリーンハーブは……1つしか見つけられなかった。

 
4年前、東京を興奮と熱狂に巻き込んだバイオハザード×リアル脱出ゲーム「ある廃病院からの脱出」。写真でほんの少ししかお伝えできないのが非常に残念ですが、雰囲気のある会場です。霊安室、医療廃棄物室、拘束室……。扉を空けたその先にはいったい何が。

公演情報

■開催日程
2016年12月9日(金) ~ 2017年3月5日(日)

■プレイ形式
ホール型。1チーム6人。各回最大80名ほどが同時に参加しますが、挑戦自体はチームごとです。

■参加方法
下記チケット購入方法のいずれかにて購入の後、当日受付時間に会場へ向かいます。会場にて6人チームを組むので、1人からの参加も可能です。

■チケット価格
前売一般:¥3,000
前売学生:¥2,500
前売グループチケット:¥17,400
当日券:¥3,500
※前売券が完売した場合、当日券の販売はありません。
※当日券情報についてはこちらをご確認ください。

■チケット購入方法
イープラスで購入:こちら
店頭販売:ファミリーマート店頭 Famiポート

ローソンチケットで購入:こちら
店頭販売:ローソン店頭 Loppi
Lコード:31836

チケットぴあで購入:こちら
店頭販売:セブンイレブン マルチコピー機 / サークルK・サンクス
Pコード:561-260

リアル脱出ゲームをもっと楽しみたい!!
チケットの先行予約などの特典があるファンクラブはこちら

■会場
後楽園ヒミツキチオブスクラップ(※GoogleMap)

住所:〒112-0002 東京都文京区小石川2-5-7 佐佐木ビル5F
アクセス:東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩4分(4B出口) / 都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」徒歩5分(A3出口)

グッズ


▲グッズは「クリップボード」「トートバッグ」「脱出成功・失敗ステッカー」の3種類。

▲「クリップボード」の裏面には大きくスタイリッシュなメインビジュアルが配置してあります。

▲表面には今回のリアル脱出ゲームのタイトルテキスト。シンプルでかっこいいですね。
 
また、会場では本リアル脱出ゲーム限定のオリジナルグッズも販売中。前回開催時に完売のリアル脱出ゲームプレイに欠かせない「クリップボード(A4)」や「トートバック」そして「脱出成功」「脱出失敗」のオリジナルステッカー。ぜひとも入手したいグッズです。
 
今回の先行体験会は、メディアや関係者が参加するイベントです。その慣れたプレイヤーでさえ悲鳴が飛び交う会場でした。初週のチケットは既にほぼ完売しており、今後も予約が取りづらくなることは容易に予想できる公演なので、興味がある方は友達を誘って早めに予約チケットを購入しましょう。

1チーム6人という人数構成。元総合病院、バイオハザードという舞台。そして細菌兵器。いったいどんな謎が隠されているのか。そしてあなたはこの謎を解き明かし、無事脱出することができるのでしょうか。
 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : わるっしー
ゲームドライブのわるっしーです。この業界にはゲームが好きということだけで入ってきました。 好きなゲー...
リアル脱出ゲーム
EVENT  脱出 

関連記事

オススメゲーム

人気記事ランキング

編集部イチオシ

編集部が厳選したニュースをご覧のブラウザにお知らせいたします。

 メニュー