スマホ・アナログ・レトロ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!
TOPニュースリチャード・ガーフィールドのスパイネット 日本語版

現代の諜報戦をテーマにしたカードゲーム『スパイネット 日本語版』11月上旬発売!

2017-11-11 15:07:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
ホビージャパンは、「マジック:ザ・ギャザリング」や「キング・オブ・トーキョー」シリーズのゲームデザイナー、リチャード・ガーフィールド博士の新作、現代の諜報戦をテーマにしたカードゲーム「スパイネット」日本語版を11月上旬に発売すると発表しました!
 

諜報機関の指揮を取り、危険な任務を遂行しよう!

プレイヤーは秘密情報の世界を牛耳ろうとしているスパイマスターとなり、さまざまな諜報部門のエージェントを雇い、危険な任務を遂行します。諜報には「執行」「潜入」「防諜」「技術」の4つの部門があり、得点となる任務カードは、自分(自陣営)が支配している部門にしかプレイできません。エージェントの特殊能力を駆使して、敵のエージェントの寝返りや暗殺、追加のカードの獲得やプレイなど、自陣営に有利になるように各部門を支配していきます。ゲーム終了時に最も多くの得点を獲得した諜報機関が勝利! 4人プレイの場合は2対2のチーム戦、2~3人の場合は個人戦となります。またオプションの「情勢カード」を使用することで、ゲームごとに異なったルールでプレイすることも可能です。
 
リチャード・ガーフィールドのスパイネット 日本語版
価格:2,500円+税
発売日:11月上旬発売予定
内容物:
 
エージェントカード34枚
 任務カード32枚
 資金調達カード10枚
 情勢カード8枚
 部門トークン16枚
 ルールブック
ゲームデザイン:R. ガーフィールド
プレイ人数:2~4人用
対象年齢:14歳以上
プレイ時間:約30分
Made in China

商品ページはこちら
ホビージャパン・公式Twitterはこちら(@HobbyJAPAN_GAME)

▼『リチャード・ガーフィールドのスパイネット 日本語版』をAmazonで検索!▼
(c) 2017 Z-Man Games (c)2017 ORIGAMES.
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : りんちゃ
ゲームドライブの新人でーす。ゲームは一日12時間(願望)。3Dゲーム酔い防止のために酔い止めを常に持...
リチャード・ガーフィールドのスパイネット 日本語版
ホビージャパン
アナログ  アナログゲーム 

関連記事

オススメゲーム

人気記事ランキング

編集部イチオシ

編集部が厳選したニュースをご覧のブラウザにお知らせいたします。

 メニュー