スマホ・アナログ・レトロ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!
TOPニュース専門学校特集

ゲームを学ぶ学生のための作品展示会『GAME PIT TOKYO2020』開催!

2020-01-15 12:03:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
GP運営委員会(※)が主催するゲーム試遊展示会『GamePit Tokyo(ゲームピット)』が2020年1月25日(土)に宝塚大学 東京新宿キャンパスにて開催されます。展示会では、ゲーム制作を学ぶ学生の作品の一般展示試遊、コミュニケーションの場として、学生たちの情報交換や交流する機会、また業界へのPRを目的としています。
 
(※)GP運営委員会とは、宝塚大学 東京メディア芸術学部3年生を中心とした学生の運営組織です。

大学・専門学校を問わず、ゲーム制作を学ぶ東京近郊の大学生・専門が癖が、制作したゲーム、ゲーム周辺技術研究の展示が行われます。会場では学生との交流や展示作品の試遊が可能で、高校生を含む一般の方も来場可能です!進学先の選択に迷っている高校生や、ゲーム業界に興味があり、ゲーム系の勉強ができる大学・専門学校への進学を考えている人はぜひ、足を運んで実際に学生と交流してみてはいかがでしょうか?
 

『GamePit Tokyo2020』開催概要

■開催日時:2020年1月25日(土) 12:00~17:00
■開催場所:宝塚大学東京新宿キャンパス
■アクセス:JR新宿駅西口から徒歩約5分 ▶MAPはコチラ
■出展予定作品:全6点
■主催:宝塚大学東京メディア芸術学部
 

出展作品について

■学校名:東京電機大学 未来科学部
■展示タイトル:映像良い帽子と操作性向上を両立するカメラ制御システムと陰面消去アルゴリズムの検証
■詳細:カメラの動きや隠面消去が適切でない3DCGゲームは,眼精疲労や映像酔いを引き起こして問題になる。 その一方で,カメラの移動速度や回転速度を単純に制限すると,迫力感やスピード感が弱まり,今度はコンテンツの魅力が低下してしまう。 そこで本展示では,感性工学的なアプローチで研究開発を進めているCGカメラの制御システムと, カメラとキャラクタの間に映り込む障害物を半透過させる陰面消去アルゴリズムを提案する。


■学校名:日本電子専門学校 ゲーム制作科(2年制)
■展示タイトル:サーチ
■詳細:鍵となるアイテムを集めてゴールを目指す2Dアドベンチャーゲームです。制限時間内に様々なトラップや敵を避けてレーダーを使いアイテムを探してゴールを目指します。 鍵とは別に隠しアイテムもあるので探してみてください。


■学校名:日本電子専門学校 ゲーム制作科(2年制)
■展示タイトル:Junk Repairt(Junk repair part)
■詳細:主人公のロボットを修理するため、小さなロボットを体内へ送り込み、配管や廃品を使って故障した部分を修理していくゲームです。廃品は修理に使うだけでなく、様々なアイテムを作成することもできます。


■学校名:神奈川工科大学 情報学部
■展示タイトル:バッテリー
■詳細:2名のプレーヤーによる協調プレーゲームです。一人のプレーヤーはオリジナルのコントローラーを使ってゲームステージ上に置かれている様々なギミックをコントロールします。もう一人のプレーヤーはでんち-くんと呼ばれるキャラクターを動かします。ステージ上のギミック操作により、でんち-君の進む道が開かれます。廃品は修理に使うだけでなく、様々なアイテムを作成することもできます。


■学校名:宝塚大学 東京メディア芸術学部
■展示タイトル:めめたぁくぱぱん
■詳細:敵を爆発させて進む、キュートな横スクロールアクション!めめたくんは愛する村を守るため、不思議な音波を放つメガホン「パパン」を片手に怪物退治の旅に出る。爆発に巻き込まれないよう注意しながら、敵の特性をうまく利用してボスのもとを目指そう。


■学校名:宝塚大学 東京メディア芸術学部&芝浦大学大学院 理工学研究所
■展示タイトル:SONAR
■詳細:「VR空間における音響デザインと実空間との干渉」をテーマとし、今までにないインタラクティブな音楽の楽しみ方を提案します。 見えないものが見える感覚を楽しんでください。


   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : かまぼこ
専門学校特集

オススメゲーム

人気記事ランキング

編集部イチオシ

毎日最新ゲームニュースをブラウザで受け取れます。

 メニュー