スマホゲーム・レトロゲーム・カプセルトイ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!
TOPニュース

【今日は何の日】7月23日は米騒動の日!年貢米のために立ち上がる百姓一揆をテーマにしたゲームといえば!

2021-07-23 13:00:00
1918年の今日、富山県の主婦たちがコメの県外移出を阻止する集団行動を起こし、全国に「米騒動」が広がったことに由来し制定された、本日米騒動の日!今回は、米騒動を起こした農民たちの気持ちが追体験できる作品『いっき』をご紹介します!
 
 

アクションシューティングゲーム『いっき』とは?

『いっき』は、1985年にサンソフトから発売されたファミリーコンピュータ用アクションシューティングゲームです。重い年貢の取り立てに耐え切れなくなった農民の「権べ」と「田吾」を操作して、悪代官に立ち向かっていくというストーリーとなっています。百姓一揆をテーマにした作品ですが、「一揆なのに仲間が2人だけ」「なぜか敵が忍者」というコミカルな世界観が特徴。
 
元々はアーケードゲームとしてリリースされた本作の目標は、鎌をふるい妨害する敵を倒しつつ、地面に落ちている小判を8枚集めていくことです。ボタンを押すことでキャラクターは自動的に鎌を投げるため、投げる方向などをプレイヤーは決定することができません。
 
一定時間、自動で竹やりを突き出す攻撃ができるようになる「竹槍」や、移動スピードが上がる「大根」、分身して無敵になる「葉っぱ」、1UPする「巻物」など、アイテムも多数登場。アイテムを駆使しながら、ステージ内の小判を全て集めるか、ランダムで登場する代官を捕まえればステージクリアとなります。
 
移植にあたって敵の出現モーションが削除され、ミスが多発しやすくなってしまったこと、「小判レーダー」が廃止され小判入手の難易度が上がってしまったことなど、問題点も多い本作。突っ込みどころのある設定なども相まって、「クソゲーの語源」と称されることもありますが、Nintendo Switch等多数のハードに移植され、今でも多くの人に愛されています。
 
生活苦にあえぐ農民が巻き起こす百姓一揆がテーマとなったゲーム作品『いっき』。本日米騒動の日は『いっき』をプレイして、年貢米を減らすため悪代官を相手に戦いましょう!
 
ライター : ボルシチ

関連記事

人気記事ランキング

編集部イチオシ

ゲードラ就活ちゃんねる
 メニュー