スマホゲーム・レトロゲーム・カプセルトイ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!

BIOHAZARD RE:4

BIOHAZARD RE:4
カプコン
PS5 
発売日:2023年03月24日
価格:7,470円

死を逸(かわ)し、 倒す快感。


未曽有の生物災害“ラクーン事件”から 6年ー。
エージェントとなったレオン・S・ケネディへ舞い込む誘拐された大統領令嬢の救出任務
“狂気”に支配された地へ足を踏み入れたレオンの行く末とは・・・

生と死、恐怖とカタルシスが交差していく過酷な救出劇がいま幕を開ける─

直感的な操作と最新のグラフィック、再構成されたストーリーによって蘇る最新のサバイバルホラー体験。


■不気味な場所はより不気味に、恐ろしい相手はさらに恐ろしく。
テクノロジーの進化と新たなアイデアが、原作の目指した“意図”をさらに掘り下げる。
『バイオハザード RE:4』の舞台となるのは、鬱蒼とした森に囲まれたヨーロッパの閉村。そこでレオンを待ち構えるのは本作のメインクリーチャー「ガナード」。本作を象徴する恐怖の1つである、狂気に満ちたガナードの集団に襲われる体験、「狂気に支配された人間の恐ろしさ」を存分に感じられるように、クリーチャーも新たなデザインで再構築されている。


■多様さが増したアクション。プレイヤーの戦略がさらに広がる。
銃で撃つ、逃げる、近接先頭で立ち向かう。敵と対峙した時に多くの手数の中から、プレイヤーが戦略を選べることが『バイオハザード 4』真髄の1つ。本作では緊急回避やパリィなど、ナイフアクションを拡充することでさらにプレイヤーの探り得る手数が増えている。体力や残弾数、ナイフの耐久値、そしてプレイヤー自身の操作スキル。状況に合わせて最適な手段を選んで欲しい。


■限られた生存資材(リソース)。どのように使うかが生死を分ける。
武器や弾丸、体力回復に欠かせないハーブなどはアタッシェケースで持ち運ぶ。何をどのように配置するのか?組み合わせたり、クラフトで隙間が作れないか?限りあるスペースのマネジメントもサバイバルには重要だ。


■ビハインドビュー視点
カメラ視点は3人称視点となる“ビハインドビュー”を採用。
最新のグラフィックス表現により、原作『バイオハザード 4』以上に先行きが見えない孤独感や不気味さを感じることができる。
操作感は、現代的にリファインされ、原作ならではの緊張感と新鮮な感覚を兼ね備えたものに。
本作でももちろん、シリーズならではの緊張感ある戦闘が楽しめる。


■原作『バイオハザード4』とは?
2005年に発売された『バイオハザード4』はアクション、シューティング、
リソースマネジメントの要素を融合させた新たなプレイスタイルで、それまでの「バイオハザード」シリーズを変革した一作。
『バイオハザード RE:4』リメイクにあたっては原作の”核”が何なのか?を大切にしながらも、
現代のプレイフィール、再構成されたストーリー、最新のグラフィックにより最新のサバイバルホラーとして再誕する。




©CAPCOM CO., LTD. 2005, 2023 ALL RIGHTS RESERVED.
ゲードラ就活ちゃんねる
 メニュー