スマホやアナログゲームの動画や攻略情報を毎日掲載中!
TOPニュースブレイブ フロンティア

『ブレイブ フロンティア』プロデューサー高橋氏が語る「これまで」と「これから」のブレフロ…!【特集】

2015-10-02 16:50:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
今年国内プレイヤー600万人を突破し、8月には2周年記念ファン感謝祭「ブレフェス2015」で大盛況の内に幕を閉じたブレフロ。今回はそんなブレフロのプロデューサー高橋氏と美人広報かおりんごさんにブレフロの「これまで」と「これから」について質問をぶつけてきた。本稿は高橋Pへのインタビューとなっている。別記事のかおりんごさんへインタビューも必見!
 
 

ブレフロ「これまで」編

本日はお時間いただきありがとうございます。そしてブレフロ2周年おめでとうございます。早速ですが、この2年間で一番印象的だったことはなんでしょうか。
長い年月なんで…無いです。笑
というのは冗談としても、どれがと言われると難しいですが、プロモーション面で言うとブレフェスやニコ生は普通ではやれないことでしたのでインパクトは強かったです。

また、例えばCMに出演してくださった方(郷ひろみさんやアントニオ猪木さん)やそれに関わる方々とお会い出来たりしたのもそうですし、ブレフロというゲームを通してでしか体験できなかったもの、起こりえなかったものがたくさん起こったということが一番印象に残ったものですかね。
 
ユーザーからも"神運営"と称されることがありますが、ユーザーの意見はどのようにして運営に落とされているのでしょうか??
一部ではありますが、ブレ生の質問や要望を取り上げて放送をしていて「なるほど!」と思う部分を拾って落としこんだりしてます。

あとは基本自分がブレフロで遊んでいるので直さなければいけない部分やこうなったら遊びやすいといった面がメインとなります。

自分の意見が大体6、7割位ですかね~。他の3割ほどがユーザーさんが下さる意見要望で「やっぱりそう思うよね!」というような共感できるものを優先度を高めたりします。
 
今までのイベント(ゲーム内ゲーム外含め)、反響が多かったものは何ですか?
やはり☆6、☆7のランク追加での影響は一番大きかったですね。ゲームの骨格となるものなので良くも悪くも反響が大きかったです。
☆6進化は当時話題になりましたね!6英雄(無料ユニット)を最初に選んだのは何か意図があったんですか?
実は意図はなくて。笑
みんなで話してて、最初はやっぱり6英雄だよね~って話になったんです。自分も無料ユニットが最強ってなったのは他人からのツッコミで後から気づきました。笑
なるほど。そんなこともあるんですね。笑
ではこの2年でプロデューサーとして一番苦労した(または嬉しかった)ことは何でしょうか?


 
一番最初は、チーム人数も少なく、ゲーム業界やモバイル向けのゲーム開発に習熟しているスタッフたちが揃っている訳でもありませんでした。でも、そんな中で、たくさんのユーザーさんに遊んでいただいて、色んな意味で注目もされたので、チーム作りをしながら、その成長とともに平行してこれだけの規模のサー
ビスを回さなきゃいけなかったのはすごく苦労しました。

一歩ずつ積み重ねていって、今では人数的にもスマートフォン向けのゲームを配信するチームとしてはかなりのレベルに来ているのかもしれませんが、この2年間はそのチームメイクが大変でしたね。その過程で障害を起こしたりとか。苦笑
ただ、様々なことがあったからこそチームが鍛え上げられたんだと思います。

嬉しかったことは、ブレ生やブレフェスをやっても、これだけ多くのユーザーさんに受け入れられるゲームコンテンツになったという点で、自分のゲーム開発者人生の中でもこれほど嬉しいことはありませんね。

もう満足っす。ありがとう!
 
まだインタビュー終わらないですよ。笑

 

そっか。笑
まぁなので、今後はこの感謝をコンテンツとしてみなさんにどのようにお返しできるかといったフェイズなのかなと思います。
前半ラストの質問です!この2年間を振り返ってみて、反省する(または賞賛する)ことはどんなことですか?
反省や後悔は実は日々繰り返していて、「こうしておけばユーザーさんにもっと楽しんで頂けたのに」とか、データバランスや運用の面で、あぁしておけば…と思っても後に引き返せないものも多々あります。ゲームの性質としても、新キャラ追加、強敵追加ということを繰り返すジャンルなので、難しい所がたくさんありますね。

ほとんどのものに対して、何か足りない、欠けていると思い続けていて「次はこうしてみよう!」を繰り返す日々です。きっとスッキリする日は来ないんじゃないでしょうね…

自分で賞賛できることとしては、いろんなチャレンジをしてきた部分に関しては多少誉められてもいいのかなと思います。プロモーション面でも、CMやニコ生の展開や名物広報キャラがいてっていう動きが「こういうやり方もあるんだ」という事例にもなったでしょうし、現象としても一石を投じられたのかなと思います。

ブレフェスやTwitter・Facebookの運用もLINE公式アカウントなども、常々「ブレフロがまた何かやってる!」って思っていただけるのは、自分たちの手元で決められるといった自由度があったからこそであって、それも良かったのかなと。

お陰様で今回のようなインタビューや記事に取り上げてもらったり、各種対談をしたりなども、そういうチャレンジの賜物かなと思います。そこはちょっと誇らしい部分ですね。
 

ブレフロ「これから」編

では、ブレフロは今後どのようなことにチャレンジしようと思っていますか?また、機能面では今後どんな楽しみ要素や機能を追加していく予定ですか?
そうですね…。常々新しいことをやっていこうとしてきて、この2年間で色々とやりましたからね。結構ネタが尽きてきてはいますね。

動画や放送はもとより、漫画や小説、ブレフェスやコンビニ展開も行いましたし、ゲームコラボも多くやってきましたし…笑
私は吹奏楽の経験もあってか、交響楽団がゲーム音楽をメインにコンサートを開催していることに興味があります。ブレフロは、思わず音量を上げてプレイしたくなるほど心に残る名曲がたくさんあると思います。

音楽は国境を越えますしね。笑
ミュージカルとかもやれるんじゃないですか? 笑
ミュージカル。笑

ゲームの機能面の今後の予定としては、既にニコ生などで話してますがユーザー同士のマルチ機能を盛り込んでいこうかなと。開発にはかなり時間を頂いちゃいますが…

これまで敢えてギルドやチームといったゲーム内コミュニティは作ってこなかったんですが、この2年を通してTwitterやLobiさんなどでユーザーさん自身でチームを作って自主的にコミュニティを作っているので、ゲーム内にその要素を盛り込んであげる時期でもあるのかなと考えております。

ただ、ここは難しいところではあるんですが、そういったものを望んでいないユーザーさんもいらっしゃるので提供するバランスを考えることが重要なポイントになりますね。

マルチプレイをしないと、ゲーム上で重要な装備品や強ユニットを取れない、みたいなことにはあまりしたくないと思っています。
 
これまでゲーム内イベントやリアルイベント、グッズ展開など様々な角度からユーザーを楽しませるコンテンツを提供してきましたが、今後特に力を入れていきたいことは何ですか?
ううん…悩ましい。笑 

さっきも言った通り、おおよそ思いつくイベントは一巡していて大概やった感はあります。同じことを繰り返すと思っている以上にユーザーさんは飽きてしまうんですよね。

そこを考慮した上でのアドバンスをしていかなければなりませんから。ここは生みの苦しみの1つですね。ただブレフェスやってもダメだし、ただグッズ作るだけじゃダメだろうし…

ブレフロのファンの方の中には特にシナリオを好きでいてくれる方がいらっしゃるので、ユーザーシナリオ大賞などをやってみるのもいいのかなぁ…

あと、ゲーム内のことに関して言うならば、マルチプレイの実装が可能になったら大会を軸に地方で予選をやって本戦をまた東京でやってとか、そういうイベントが出来たら楽しそうだなとは思ってます。
個人的には、新規ユーザーさんがより興味を持ってもらえるようなコンテンツが必要なのかなと思います。

ブレフロではこれまでニコ生やYouTubeチャンネル、LINEなど様々な趣向をこらしてきましたが、やはり既存ユーザー向けのコンテンツが多くある気がします。

嬉しいことに600万DLを突破していますが、RPGをプレイする方はまだまだいるはずなので、考え方によってはもっとユーザー数を伸ばせるのではないかと。
そうだねぇ…
ただ、2年で600万インストールを達成した今、これから先を目指すことは、スマートフォンでオリジナルのRPGを展開する上でのプロモーションとしては、レッドゾーン・未開の地に足を踏み入れる感じですよね。

この半年は、その意味で一石を投じていくために、ユニットを無料でプレゼントしたりと、新規のきっかけ作りにも力を入れてきましたがなかなか大変です。
 
ここだけの先行情報などあれば教えてください!
無いね!笑

というのは冗談で、いろいろありますが今出せる情報として既存ユニットの進化・・・護神十二聖は全員進化します!!!
 
ありがとうございます!!!
では質問の残すところあと2つです!

3年目の目標を教えて下さい!
やっぱり、ゲームとして新しい機能を作ることですね。アリーナの新機能である「コロシアム」はもうすぐ出来るかと思います。マルチプレイはかなり時間がかかると思いますが、それもきっちりとやり遂げたいです。

もう1つ大きなもので言えば、シナリオですかね。今はイシュグリア編ですが、そろそろ後半に差し掛かりますし、実はそこの終わり方をいま議論しているところです。そして、その次があった場合、またこれまでのように単に「新しいシナリオが始まりまーす」だと飽きると思うので、次のシナリオの開始には、かなり大胆に"何か"を変えていく必要があるとも思っています。

・・・あ、大事なことを忘れていました。笑

☆7が出てからもうすぐ1年なんですよね。☆6も2013年の12月に実装したので、1年ごとに大きな動きがあったわけで。となれば、そういう動きも必要かなと。

☆8という形では今は考えていませんが、それに代わる大きな変化として、1ステージ違う何らかの”進化”がきっと必要なんだろうと、あれこれ頭を悩ませています。笑
 
それは楽しみにですね!

では最後に、この記事を見てくれているブレフロファンへ一言お願いします!
この記事を見てくださっている人は本当にコアなファンだと思います。笑

もうありがとうの一言に尽きます。

愛してくれてありがとう。愛してます。
 
難しい質問にもしっかり応じてくれ、今後のブレフロ構想についても聞くことが出来たのではないだろうか。
まだまだ進化を止まないブレフロにこれからも期待したい。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : サンドバッグ森口
ゲームは全般的にプレイするものの腕前が好奇心に追いついていない。人に騙されやすく壺とかすぐ買う。直近...
ブレイブ フロンティア
Alim Co., Ltd.
iOS  Android  RPG