スマホゲーム・レトロゲーム・カプセルトイ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!
TOPゲーム攻略おねがい社長!

【おねがい社長!攻略】牧場経営イベントを効率良く進める4つのポイント

2021-01-22 21:00:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
IYAGAMESが運営する会社経営シミュレーションゲーム「おねがい社長!」。
今回は定期的に開催される牧場経営イベントの攻略ポイントをご紹介します。

『おねがい社長!』ってどんなゲーム?
ゼロから起業し巨万の富を築く会社経営シミュレーション『おねがい社長!』

牧場経営とは?
定期的に7日間おこなわれる作物栽培イベント。5種類の作物を栽培し、売却することで牧場コインを獲得できます。牧場コインは商店にて、様々なアイテムやSSR人材確定のパック、URの乗り物などを獲得することができます。

作物の売り時を見極めよう

育てた作物は2時間おきに売値が変わり、規定数売却するごとに売価が10%ずつ下がっていきます。
 
種類 成熟時間 基本価格 売却制限
リンゴ 20 0:30 120 10個
アヒルナシ 40 1:00 220 8個
カキ 80 2:00 440 6個
イチゴ 120 4:00 700 4個
スイカ 200 8:00 1200 2個

収穫したからといってすぐに売却せずに、倉庫に置いておき、売値が高くなったところで売却するようにしましょう。

▲売却額は2時間毎に変動するので注意しておこう

各作物の売価表は下記の通り。
値上げ倍率 リンゴ カキ アヒルナシ イチゴ スイカ
+10% 132 242 440 770 1320
+20% 144 264 480 840 1440
+30% 156 286 520 910 1560
+40% 168 308 560 980 1680
+50% 180 330 600 1050 1800
+60% 192 352 640 1120 1920
+70% 204 374 680 1190 2040
+80% 216 396 720 1260 2160
+90% 228 418 760 1330 2280
 

▲一定数売却すると売却額が下がるので注意しよう

時間効率を考えてみよう

一見スイカの報酬が高く見えますが、売却制限がキツいため価格も落ちやすく、1時間あたりの儲けで見ても実は高くありません。

1時間あたりの売却額の表は下記の通り。
値上げ倍率 リンゴ アヒルナシ カキ イチゴ スイカ
+0% 240 220 200 175 150
+10% 264 242 220 192.5 165
+20% 288 264 240 210 180
+30% 312 286 260 227.5 195
+40% 336 308 280 245 210
+50% 360 330 300 262.5 225
+60% 384 352 320 280 240
+70% 408 374 340 297.5 255
+80% 432 396 360 315 270
+90% 456 418 380 332.5 285
※リンゴは2個育てた場合の売価

上記の表から更に種の価格を引いた1時間あたり収益額。
値上げ倍率 リンゴ アヒルナシ カキ イチゴ スイカ
種コスト
(1時間あたり)
40 40 40 30 25
+0% 200 180 160 145 125
+10% 224 202 180 162.5 140
+20% 248 224 200 180 155
+30% 272 246 220 197.5 170
+40% 296 268 240 215 185
+50% 320 290 260 232.5 200
+60% 344 312 280 250 215
+70% 368 334 300 267.5 230
+80% 392 356 320 285 245
+90% 416 378 340 302.5 260

上記の表の通り、時間あたりの収益額はリンゴ>アヒルナシ>カキ>イチゴ>スイカの順になっており、できるだけ短い時間で育てられる作物をこまめに栽培する方が収益が増えていきます。

とはいえ、その分、収穫可能になってから収穫→次の栽培にタイムラグは発生しやすく、キレイに上記の通りにはならないので、細かく確認したり、しばらくゲームに触ることができないような場合にはイチゴやスイカといった作物を選択することで無駄が少なくなると思います。

上記の表は、現在の売却額を確認してどの作物を栽培するかの選択する際の参考に使っていただければと思います。
 

上位報酬を狙うには開墾や肥料が必須

上述の通り、1区画あたりの1時間の収益は最大400コイン・平均250コイン程度になり、1区画あたり1日6000コイン程度が目安になります。

開始直後は4区画のみが使用できますが、1日ごとに1区画ずつ開放されていき、無課金でも最大8区画まで使用可能となります。

▲最後の4区画の開墾には先に8区画の開墾が必要

つまり、開墾をしない場合だと、(初期4区画×7日)+18日(追加4区画分)×1日6000コインとなり、収益の目安は27万コイン前後となります。

SSR人材パックやプロ助手箱狙いであればこれで十分狙うことができますが、UR乗り物BランクのサンダーR8は、60万コインが必要になりますので、これでは届きません。

ちなみに自動開放される4区画は自動開放時間まで1時間毎に10ダイヤずつ安くなっていくので、もし開墾をするのであれば安くなったタイミングを狙うと良いでしょう。

すべての区画をイベント開始直後に開墾すれば、(初期4区画×7日)+56日(追加8区画×7日)×6000コインとなり、50万程度を目指すことができます。できるだけ平均以上の単価で売却したり、肥料を上手く使うことでサンダーR8をGETすることができます。
 

▲伝説助手箱やサンダーR8を入手したければ開墾するか肥料で短縮しよう
 

アヒルナシと肥料で一気に稼ごう

上で記載した表の通り、時間効率が一番良いのはリンゴになりますが、肥料を使うにはもったいない作物です。肥料は1時間の短縮ができるため、アヒルナシが一番効率の良い作物となります。

アヒルナシの売価が+90%の時に肥料を使うと、(基本売価220×190%)-(種40+肥料80)で即座に298コインの収益を得ることができます。

肥料はコインだけでも1日50個購入ができるので、アヒルナシが高い売価になったら、この方法で一気にコインを稼ぎましょう。
 

▲アヒルナシは肥料を1個使えば即座に売却が可能

また、ダイヤで購入する肥料であれば制限1日500個まで購入できるので、アヒルナシ・カキ・イチゴあたりを300コイン以上で売却できるタイミングで使えれば、それだけで1日10万以上のコインの入手可能なため、ダイヤで直接サンダーR8を狙いたい場合はオススメです。

とはいえ、他のイベントと異なり、積極的にやろうとすると拘束時間が激しいイベントになっており、UR乗り物であるサンダーR8を狙うには開墾であれ肥料であれ、相当量のダイヤの投資が必要になるので、効率を考えつつ可能な範囲で参加する事をオススメします。

▶『おねがい社長!』の攻略記事一覧はこちら
 
▼『おねがい社長!』はコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : 編集長 ちの
ゲームドライブの編集長らしき人物です。不定期で攻略記事などを書いている「ちの」です。ゲードラでは記事...
おねがい社長!
IYAGAMES
iOS  Android  シミュレーション 

関連記事

人気記事ランキング

編集部イチオシ

 メニュー