スマホ・アナログ・レトロ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!
TOPニュースシャドウバース (Shadowverse)

『シャドウバース (Shadowverse)』シャドバ道場でもおなじみkuroebi氏とおすすめ疾走ビショップで対戦してきたよ♪【デッキコードあり】

2016-11-25 13:06:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
どうも~(*・ω・)マスク女子わこつんです!お腹が減ってリトルケイブへ遊びに行ったら、シャドバ道場でもおなじみの、『シャドウバース』公式ライターkuroebi氏と遭遇!強くなる秘訣を伺いながら、おすすめの疾走ビショップで対戦しました!
 
美味しいごはんとボードゲームが楽しめる「リトルケイブ」の様子は11月29日公開です!お楽しみに♪
 

▲kuroebi氏(左)

シャドバ道場でもおなじみkuroebi氏

ー本日は、急遽お時間をいただきありがとうございます!早速ですが、普段の活動を教えて下さい。

kuroebi氏:普段は『シャドウバース』の公式ライターとして、公式に寄稿する記事を書いています。また、プラスアルファで『シャドウバース』の公式番組のMCをしたり、公式大会の実況解説をやらせてもらっています。

最近だと11月23日にベルサール秋葉原にて行われた「RAGE Vol .3 Shadowverse GRAND FINALS」の配信や解説もやらせてもらいました。
 
※「RAGE Vol .3 Shadowverse GRAND FINALS」
優勝賞金総額700万!優勝賞金400万!
2016年11月23日(水・祝)ベルサール秋葉原にて
シャドウバースプレイヤー頂点を決める大会の決勝戦が開催されました。

 
▲会場当日の周辺の様子
 
ーライティングだけではなく幅広く活動されていらっしゃるんですね!配信はどのぐらいの頻度でやれらているんですか?

kuroebi氏:レギュラーで言えば、水・金で「シャドバ道場」。あとは、各プラットホームごとで色々やっている番組にゲストで遊びに行ったりしています。週で3~4回シャドバをやっていますね。
 
※シャドバ道場公式HPはこちら
『シャドウバース』の対決バラエティ番組!
TOPプレイヤーが師範としてゲストで登場!視聴者対戦に挑戦します!
 

ーシャドバ漬けで羨ましいです。もちろんkuroebiさんのランクは?

kuroebi氏:マスターです。(最高ランク区分)

ーですよね(笑)
 

私は配信開始から『シャドウバース』をプレイしているのですが、Aランクから中々上がることができず・・・kuroebiさんはどのぐらいの期間でマスターランクに上がりましたか?

kuroebi氏:僕の場合は、試合数で言えばAAから800試合でマスターランクになりました。

ーうまい方は1000試合以内でマスターになれるんですね。元々トレーディングカードゲーム(TCG)など、やられてたのでしょうか?

kuroebi氏:『マジック:ザ・ギャザリング』を約20年ぐらいやっていました。あと、『ハースストーン』も今年で3年目です。
『ハースストーン』の方でも、公式の実況や解説をやらせてもらっています。

ー一応聞かせてください。ランクは?

kuroebi氏:レジェンドです。(最高ランク区分)

ーですよね(笑)

kuroebi氏:『ハースストーン』は毎月ランクがリセットされてしまい難しいのですが、プレイしている月はレジェンドです。

『シャドウバース』の場合、一度マスターランクに上がれば下がることはありません。ただ、AAランクからものすごくやりこまないといけないですね。
TCGのテクニックを持っている人は500試合とかでマスターランクに上がれますが、はじめてTCGをプレイする方は回数こなさないと難しいです。

ー私はTCG初心者ですが、すでにAから微動だにしません(涙)。

kuroebi氏:そうですね、わかります。Aランクまではすんなりあげられる方が多いのですが、AランクからAAランクに上げるのも結構大変です。このゲームは「絶対勝てる」がないですからね。最初の壁だと思ってもらって、回数をこなしてもらうのが近道だと思います。

おすすめデッキは今流行りの・・・


 
ーkuroebiさんは、今何デッキを使用されているんですか?


kuroebi氏:丁度、全部のリーダーデッキを作成して練習していました。Twitterで公開しているので参考にしてもらえると嬉しいです。

kuroebi氏の公式Twitterはこちら(@kuroebi_games)

公開されている各リーダデッキ
躯の王ネクロのデッキコードはこちら
超越ウィッチのデッキコードはこちら
冥府エルフのデッキコードはこちら
ミッドレンジヴァンパイアのデッキコードはこちら
疾走ビショップのデッキコードはこちら
ミッドレンジロイヤルのデッキコードはこちら
サタンドラゴンのデッキコードはこちら

kuroebi氏:最近ハマっているのは疾走ビショップです。人気のあるデッキですね。

▲kuroebi氏の疾走ビショップ

ー疾走ビショップ!いいですよね、私も主軸として使用しています!

kuroebi氏:お!見せてもらってもいいですか?

わこつん使用・疾走ビショップのデッキコードはこちら

▲わこつんの疾走ビショップ

※以前ご紹介した疾走ビショップからちょっとだけカスタマイズしたデッキです。
「疾走ビショップ・ガルラ」構成とデッキ紹介!デッキコードあり 10/14更新

kuroebi氏:
内容はそんなに変わらないですね。僕の方がもう少しシンプルな構成で、カウントダウンを生かすカードが入っています。全部で10枚ぐらいしか差はないですね。
 

対戦しました!

せっかくなので対戦してもらいました!

バトルスタート!
kuroebi氏はミッドレンジロイヤルと私は疾走ビショップで対戦!

(バトル中の写真はわこつん視点)
 
アグロロイヤルより遅いといっても、すぐ負けちゃいそうです(ドキドキ)
 

1ターン目詠唱:白翼への祈りが出せたのでスタートはまずまず。
 

今回私はカードに恵まれて、2ターン目で詠唱:獣姫の呼び声を出すことができました!
 

▲いい感じです♪

テンプレ通りに進んでいきます。
 
 

kuroebi氏も守護で固めます。
さすが、ミッドレンジロイヤル・・・守りが硬いです。
 
 
漆黒の法典でなんとか除去!
 

天空の守護者・ガルラも2枚ある。あとちょっと!
 
 
ここでロイヤルのレジェンドカードロイヤルセイバー・オーレリアが登場。
 

2枚倒されてしまった・・・。どうしようかな?と悩んでいたら
(なぜ悩む必要が?と思っている皆さん、わこつんはAランクです!)

kuroebi氏:もしガルラがあるなら、進化して7/5のロイヤルセイバー・オーレリアを攻撃して、6/6のホーリーフレイムタイガーでリーダーを攻撃して勝ちですね。

確かに!Σ(*・д・ )!!
 
 

―やったーーーーーーー!勝たせてもらった(笑)。

kuroebi氏:負けちゃいまいたね(笑)。

事前にわこつんさんのデッキを見ていたので分かっていましたが、大切なのは当たったデッキが何をしてくるか?というのを想像しなければいけないという事です。

今のガルラも全部読み筋の中に入っていて、読み筋通りにプレイされると「負けるな」って感じです。ただ、それがわかっていないと正しいプレイができません。

自分のデッキを回せるようになり一人前っていう考え方もありますが、それはデッキを回しているフリでしかありません。1ターン目に1コストのカードを出して、2ターン目に2コストのカードを出すだけだと相手の事をみないプレイになってしまいます。

相手の事を考えながらプレイしてようやく一人前になるのかなって思います。

ーそこにたどり着くのが大変ですね。全部のリーダーを覚えそれを回せるようになってからじゃないと、相手がどう出てくるかってわからない。
 

kuroebi氏:ふわふわしてしまうと自分の状態がわからないままになってしまいます。自分が有利なのか不利なのか相手のデッキを知らないと判断できないんですね。場に出ているカードだけでは有利だと言い切れない。例えばテミスがあるかないかでも大きく変わってきます。

ーそうですね。せっかく場に揃えたフォロワーをテミスでリセットされるのはよくあります

kuroebi氏:楽観的にプレイする方もいますが、僕は悲観的にプレイした方が、『シャドウバース』はうまく回ると思っています。相手からこのカードが出てくるかもしれないから、こうしないといけないというようにプレイの理由付けにもなります。

そういった形でプレイしてみると今までの対戦とちょっと違うような考えで1バトル1バトル臨めると思うので、ぜひ相手のデッキを想像してみて下さい。

ーとても参考になります!やりこみは大切ですね。kuroebiさんは一日にどのぐらいプレイしていらっしゃいますか?

kuroebi氏:ほとんどプレイしていないです。

ーそうなんですね!プレイより勉強する方に時間を費やす感じでしょうか?

kuroebi氏:僕は記事を書くためにプレイするウエイトが大きいです。イベントが色々あるのでイベント用に練習したりっていうのはありますが、記事の研究がほとんどです。そういった意味では1日1時間ぐらい集中してプレイしたり、ぶっ続けでやる時はまる一日とかもあります。

―単純にプレイするとかではなく、記事にするための研究が多いんですね。kuroebiさんは何がきっかけでライティングをはじめたのでしょうか?

kuroebi氏:『シャドウバース』のライターに関しては、『マジック:ザ・ギャザリング』から『ハースストーン』の流れでプレイしてきたのを公式のCygamesさんが知っていてくれたっていう経緯があります。『ハースストーン』はキャスターをしていたので、それも含めてピックアップされたような気がします。
 
※『ハースストーン』『シャドウバース』が好きなら、おすすめのカードゲーム!
賞金総額100万ドル!大規模大会が開催される『ハースストーン』とは?

イベント盛りだくさん!

ー今日は対戦までしていただき、ありがとうございました!!
「リトルケイブ」にはよく遊びにいらっしゃるんですか?


kuroebi氏:リトルケイブの店長と、『マジック:ザ・ギャザリング』の時からの知り合いで、お店の開店から時々遊びに来ています。頻度的には月1回ぐらいですね。やる時間が取れたときに来ています。

ボードゲームを含めて、ゲームは何でもやります。オーナーに新しいボードゲームを教えてもらい、そのたびにワイワイプレイしています。

11月26日(土)も、ここ「リトルケイブ」で、ボードゲームの配信を行います。

今日はお店で初の『シャドウバース』公式イベント【リトルケイブシャドウバース対戦会】を開催するので、 司会進行してます。
 

ー面白そう!せっかくなので参加してもよろしいですか?

kuroebi氏:ぜひ!交流を目的としたカジュアルな大会なので気軽に参加してください。

次回の予定も決まっていて、12月1日開催します。こちらもぜひ遊びに来てください!

ーありがとうございます!!優勝狙って頑張ります!!

※「リトルケイブ」のお店の模様と大会の模様は11月29日掲載予定!お楽しみに♪
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : わこつん
マスク女子のわこつんです!ライターとして活動することは少ないですが、記事書いてます!最近はボードゲー...
シャドウバース (Shadowverse)
Cygames, Inc.
iOS  Android  カード 

関連記事

オススメゲーム

人気記事ランキング

編集部イチオシ

編集部が厳選したニュースをご覧のブラウザにお知らせいたします。

 メニュー