スマホやアナログゲームの動画や攻略情報を毎日掲載中!
TOPゲーム紹介小学校あるあるガチャ

『小学校あるあるガチャ』ガチャる度、あの頃を思い出す【アプリ紹介】

2016-04-19 19:07:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
iOS版が配信されている、satoshi suzuki氏製作の『小学校あるあるガチャ』。本稿では、その懐かしい思い出を紹介していく。
 
目次

ゲーム概要

 
本タイトルは小学校の時に誰もが一度は体験した、クラスに居た、持っていた等、懐かしい思い出をガチャで集めるゲームとなっている。

遊び方

1回ガチャるのにゲーム内マネー500コインを消費する。ガチャるボタンをタップでガチャ画面に移動、再びタップすることでガチャを回せる。
 
 
 
中からランダムにカプセルが出てきたら、ガチャの中身が表示される。その内容は、小学生の時に行っていた遊びや流行っていたもの等、様々なものが存在する。カプセルは全4種類で、色でレアリティを判断することができる。
 
 
 
通常のカプセルが☆3、銀色が☆4、金色が☆5、虹色が☆6~7となっている。集めたものは図鑑からいつでも見ることができるので、沢山の懐かしい思い出を集められる。
 
 

コインの稼ぎ方

初期に5,000コインが支給されるが、ガチャを回していると限界がくる。減ってきた、もしくは余裕を持って回したい人は画面右下の「コインを増やす」ボタンをタップ。すると「ハイ&ロー」でお金を稼ぐことができる。
 
 
「ハイ&ロー」は、親のカード(既に表向きになっているカード)よりも自分のカード(伏せられているカード)が強いか弱いかを当てる確率ゲーム。「A」が一番強く、「2」が一番弱い。そのため親カードが「A」の場合はLOW、「2」の場合はHIGHが確定する。
 
 
最初は100コインをベットし、当てるごとにベットした分のコインが加算されていく(100、200、400、800のように増えていく)。当てれば増えるが、外せばベットしたコインが全て無くなるので、続けるか否かの見極めが肝心になってくる。
 
  

編集部コメント

☆3から☆7まで全部で200種類ある思い出はどれも懐かしいものばかりに加え、説明文がとてもシュール。ついクスっとなるものが多い。人によっては黒歴史となっている思い出も出てくるかもしれない。思い出を見て当時を振り返りながらガチャを回してみよう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : あやぱん
最近ライターとして参戦しましたあやぱんです!企画では本性を現す謎の女子。メインはサンドバッグさんと同...
小学校あるあるガチャ
satoshi suzuki
iOS