スマホ・アナログ・レトロ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!
TOPゲーム紹介今日も帰れない

『今日も帰れない』ゲームマーケット販売タイトル⑨!社畜魂をかけてタスクをこなせ!【ゲーム紹介】

2016-09-02 17:24:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドーモフェニックスです!

ゲームマーケットで販売されたタイトルを紹介していくコーナー、第9回目に突入!

今回紹介するのは…

 

『今日も帰れない』!!

MRエンターテインメントから販売された、命を賭けた(ある意味)ドキドキのチキンレースゲームです!

 
目次
 

ゲーム紹介

『今日も帰れない』はプレイヤーが無謀なプロジェクトに配属された社員となって働き、1つでも多くのタスクをこなしていくゲームです。

遊び方

約50枚のカードの山札をプレイヤーの中心において、各手番が来たら上から1枚ずつ引いていく「坊主めくり」の要領でゲームが進行します。

 

めくれるカードは「TASK」「STOP」「END」の3種類があり、

このうち「TASK」カードが出ていればセーフ。「続けてカードを引く」か、この時点で「撤収するか」を選択できます。

撤収した場合、その時点で出ている「TASK」を全て入手できます。

続けて引く場合、「TASK」が出ている限り最大で3回カードを引くことができますが、
もし途中で「STOP」または「END」カードがめくれてしまうとその時点で、ターン終了!

 

▲どれだけTASKを集めてもENDかSTOPがめくれるとアウト!!

途中で集めた「TASK」はすべて没収されてしまいます。

どこまでTASKを引くことができるか、度胸と勘が試されます!

カードを引いていく中で「END」カードがめくれるとゲーム終了。(詳細は後述)

END」カードをめくった人は強制的に敗北となり(無慈悲)、それ以外のプレイヤーで一番多くのTASKを所持(処理)しているプレイヤーが勝利です!


このゲームでは全てのカードに何かしらの効果があるのも特徴です。
各効果は「TASK」なら、撤収を選択した時点で、「STOP」と「END」なら引いた時点で発動します。

例えば以下の様なカードがあります。

TASK

残業:追加で指定の枚数をめくらなければならない

監査:山札の上から5枚のカードを操作できる、強い

接待:任意の二人の持っているTASKカードを全て交換する

STOP

入院:所持TASKカードを全て次のプレイヤーに渡す

始末書:一番所持TASKが少ないプレイヤーにあわせて、全員がTASKを捨てる

部署再編:全プレイヤーは所持TASKを次のプレイヤーに渡す

強制飲み会:全プレイヤーの所持TASKカードを半分にする

END

仕様変更:次のプレイヤーから、山札から引くカードの最低枚数が増える

今日も帰れない:めくれた時点でゲーム終了、引いたプレイヤーは敗北する

 

遊んでみた!

ルールブックがかなりシンプルな作りなのでサクッと理解できます、わかりやすい!

さっそく編集部で遊んでみました!

遊ぶ時は以下のルールを重要です
1.カードを引く時は「進捗を進めます!」(できるだけ元気に)
2.撤収をする場合は「帰ります!」(お疲れ様です。と一言付け加えると周りの印象が良いです)

と宣言しましょう。

フェニ「進捗進めます!」

 

めくれたのは「残業+1」カード

効果「もう1枚引く」

ちなみに今はこんな状況です
・次のカードを引く(ただし、STOPがめくれる可能性あり)
・撤収して、残業の効果でもう1枚引く(ただし、STOPがめくれる可能性あり)

「はい」か「Yes」しか選択肢がない…!


ワルッシー「進捗進めまーす」

「残業+1」

フェニ「ふふふ、さっきと同じ展開ですね…、どうしますか!?」
※さっきのフェニは残業して失敗

 

ワルッシー「進捗進めまーす」

「残業+3」

フェニ「おお、これはリスクが大きいですね。もう1枚引いた方が無難…」

ワルッシー「帰りまーす、おつでーす」

フェニ「なんで!?」

ワルッシー「そっちのが点数高いからね」

フェニ(この人は止まることを知らないのか…)

そんな調子でプレイした結果…

2枚の「仕様変更」を引いてしまったワルッシーの敗北

ちなみにこのゲームは「一発アウトルール」と「ノーマルルール」の2種類のルールがあります。

一発アウトルール
・「今日も帰れない」を引くとゲーム終了、引いたプレイヤーは敗北
・山札から3枚の「仕様変更」は除外

ノーマルルール
・3枚の「仕様変更」を引き切るか、1人にプレイヤーが2枚の「仕様変更」を引くとゲーム終了
・条件を満たしたプレイヤーは敗北
・山札から「今日も帰れない」は除外


編集部では長く遊べるということで、ノーマルルールが好評でした。

 

編集部コメント

テーマが馴染みやすく、ルールもかなりわかりやすいで、ボードゲームを普段やらない人とも楽しめるゲームです。
全部のカードに効果がある分、効果は長々と書かずにアイコンやイラストで表現しているデザインがフェニックス的に好きなところです。

また、ルールが2つあるので、遊ぶメンバーにあわせたカスタマイズができるようになっていて良い感じです!

気になった方はゲームマーケットで購入してみては?
特製缶バッジなども取り扱っているようです!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター : フェニックス下山
フェニックス下山参上!『ドレノ』の記事でもお馴染みでしょう!TCG大好き人間です。え?僕の実力が知り...
今日も帰れない
MRエンターテイメント
アナログ  アナログゲーム 

関連記事

オススメゲーム

人気記事ランキング

編集部イチオシ

編集部が厳選したニュースをご覧のブラウザにお知らせいたします。

 メニュー